CSSのバージョンって、何がいいの?

まずは基本、CSSのバージョンについて


CSSは1996年12月に誕生しました。正式にはCascading Style Sheets Level1という名称で、省略してCSS1と呼ばれます。この時は最低限のスタイルを宣言することが可能でした。
2年後の1998年5月にCSS2と呼ばれるバージョンが勧告され、PCを用いたWEBブラウザ以外の環境にも対応可能となりました。更に2011年6月にCSS2の改良版として、CSS2.1が勧告されました。ここではエラーの修正の他、今後の更なる改良を視野にいれた仕様の変更、一部要素の削除などが行われています。
そして2011年頃からCSS3が勧告され始めました。このCSS3は単純なバージョンアップではなく、各機能ごとにモジュール化が行われており、具体的にはCSS2.1が勧告された後に追加されたモジュール、あるいは検討されているモジュールの総称です。CSS3があればそれ以前のものが不要になるようなことではなく、最も幅広く受け入れられたCSS2.1を土台としてCSS3が進化し続けていると考えるべきでしょう。


image

CSSのバージョンよりも実現性と実用性に着目して


自分の作成したCSSのバージョンを知りたいと思う方も多いかもしれませんが、一つ注意したい点は、CSSはバージョンについて宣言したり、何らかのデータを取り込んだりする必要がないということです。
異なるバージョンのCSSが混在していても問題はなく、新しく追加されたCSS3の要素が、古いブラウザやOSで適切に処理されないことを回避するため、古いCSSの定義方法で記述することはむしろよくある手法です。
特に新しい技術はデザイン的に非常に魅力的なものが多い傾向にあります。しかし、それらをどんな環境でも読み込めるような実用性は、伴わないことが大半です。このため、目標とするデザインをCSSのバージョンの垣根を越えて、いかにして実現するか検討するかが重要となります。CSSについては新しいものが全てではない、という特徴をよく理解することが大切なのです。