作ってみよう!クールなウェブページ

クールなサイトを作るならCSSの基礎から応用まで理解が必要


インターネットサイトを作って見たいと考える動機としては、クールのウェブページに出会ったからということが多いですね。洗練されたインパクトあるウェブページを見ると、触発されて創作意欲が刺激されます。しかし、いざ作成してみようとすると、実際には上手くいきません。クールなウェブページを作成するには、高度な制作技術が要求されます。
まずは、CSSを使いこなせることが第一条件です。クールなウェブページの制作では、CSSを駆使しなければなりません。手足のようにCSSを利用し、微妙なレイアウトを表現できるかどうかが、カッコいいサイトデザインを実現する重要ポイントです。CSSの基本はもちろん、応用技術の習得も求められます。


image

デザインセンスが問われる!CSSでのクールなウェブページ制作


CSSでウェブページのレイアウトを作成する技術力が見についてきたならば、次はデザインセンスを磨く必要があるでしょう。CSSは、あくまでインターネットサイトのレイアウトを定義する道具の一つです。
クールなウェブページを作成できるかどうかは、最終的にデザイナーのセンスに大きく左右されます。そこで、CSSを使いこなせる知識と経験を身につけていくと共に、デザインの基礎も身につけておくべきですね。一般的なデザインに関する知識や技法は、そのままクールなウェブページの制作に役立てられます。デジタルだけに留まらず、アナログなデザインのスキルも広く身につけておくと、どのようなサイトデザインの場面でもそのスキルが効果を発揮します。